葛西の居酒屋

デートでも葛西の居酒屋が気軽でいい

仕事が終わって時計をみると22時を回っていました。
「時間も時間だけど、どうだろう、帰りにどっかで軽く飲んで帰らない?」
できるだけさり気なく、できるだけ無理ならいいよといった雰囲気を醸し出してはじめて彼女を誘ってみたのでした。
「本当ですか! 行きます、行きます」と大喜びをしてくれたのでこちらもついつい笑みがこぼれてしまいました。

 

葛西での初デートはとあるチェーン店居酒屋でした。
秋に入りかけているのにもかかわらず、気温は相当低く、おまけに雨まで降ってきてしまったので、じっくり選ぶこともできず飛び込んだのがその店でした。
24時間営業のようで、ぽつぽつと客の姿はありましたが、平日の夜ということもあり静かな店内でした。

 

オーダーは湯豆腐にビールを2本。
お疲れ様、と乾杯をしてあれこれ話しているうちに日付はとうの昔に変わっていてグラスに残ったビールを急いで飲み込んで慌てて駅へ向かいました。
24時を回ってもまだのんびりしているカップルが数組いたのですが、きっと彼らはどこかに泊まる予定なのかも知れないな、とそんなことを思いながら会計を済ませてふたりしてダッシュでした。

 

葛西 居酒屋だったけど、雰囲気がよかったからいいなと思いました」
横を走る彼女がそういいながら笑顔を向けてくれました。
今度はもっとゆっくり彼女とさっきの店で過ごせたら…と考えながら駅へと急いだのでした。

 

葛西の居酒屋

友達に会うならファミレス?居酒屋?

昨日は高校時代の友人と久しぶりに葛西の居酒屋で会いました。
私は現在妊娠6ヶ月なので、すっかり居酒屋から足が遠のいていたのですが。
もともとお酒を飲みに行くのが大好きだったので楽しかったです。

 

最近ではノンアルコールのビールやカクテルも充実していて、お酒が飲めない人でも楽しめるようになっているんですね。
いちいち店員さんを呼ばなくてもタッチパネルでオーダーできるのが新鮮でした。
回転寿司ではタッチパネル方式もよく見かけますけど居酒屋さんでも導入されるようになったんですね。

 

ノンアルコールの飲み物と軟骨のから揚げや枝豆を注文しました。
脂っこくて塩分の多い妊婦には良くなさそうなメニューばかりですけど、つらいツワリの時期を乗り越えた自分へのご褒美だと思って昨日だけ解禁です。

 

友人の仕事のこと、もうすぐ産まれてくる私の赤ちゃんのこと、高校時代の思い出など、話が弾みました。
個室だったので落ち着いた雰囲気で長い時間ゆっくりすることができました。
オシャレでプライベートな空間を提供してくれるのが居酒屋の魅力ですね。

 

昼間のファミレスと夜の葛西の居酒屋。
友達と会うなら私は絶対後者です。

 

6年4組 新宿

出張先のお気に入り居酒屋

和歌山を仕事で訪れた時に見付けた旨すぎる居酒屋!

 

訪れた先での店探しはなかなか緊張するもので、しかも地元臭漂う店の戸を叩くのは勇気のいるものです。

 

漁師料理居酒屋、雨ざらしになった板の上にぶっきらぼうに書かれた文字、隣にはキレイな寿司屋…どちらも旨そうだけど入りやすそうな店にするか拘ってそうな店にするか悩み所でした。

 

が、一緒に出張に来ていた同僚が拘り地元臭満載の漁師料理居酒屋の戸を開けてしまいました。

 

この同僚、かなりの店運の持ち主なのでそんな奴の直感を信じていざ入店。

 

中には体は小さいのに質量の大きそうな店主に腕っぷしの強そうな地元漁師達!そのまま戸を閉めたかったのですが美味い物が食べれる予感には勝てず

 

空いている席に座ると、店主がおもむろに店のシステムを説明しだしました。

 

店主いわく、料理は勝手に出すので、もういらないと感じたらストップと言うこと。

 

値段の分からない恐怖と財布の中身を気にしながらも出された大盛りの付き出しに箸をつけると…

 

美味い!箸が酒が止まらない!
その日一番美味い魚の造りにコッテリと煮付けられた魚、店主の思い付くままに出される料理はどれもこれも絶品!

 

腹も舌も心も満たされ、いざ会計
驚きました。

 

高級料理店よりも美味い魚料理を満腹になる程頂いてこの値段?
都心でこれ程のものを食べたら10倍の値段は覚悟しなければならないのに。

 

地元の魚のプロ達が集う居酒屋ならではの事だろなぁ〜と、地元臭という堅牢な門に守られた店の扉を開いた店運を持つ同僚に感謝し、また訪れた先での居酒屋巡りにはまっていくのでありました。